予防接種(狂犬病・伝染病)についてご案内しています!

0572-23-2523

大切な家族の一員であるペットが病気にならないよう予防をしましょう。
犬猫が必ずしなければいけない予防やしておいた方が良い予防をご説明します。
ワンちゃん・ネコちゃんと元気に暮らせるように予防接種は必ず受けるようにして下さい。

伝染病予防ワクチン(イヌ・ネコ)

いくつかの伝染病を予防する注射です。

ワンちゃん・ネコちゃん共に年にする必要があります。
子犬・子猫の場合は、お母さんから受け継いだ病気の抵抗力が低下する、生後2ヶ月頃に初回接種を行い、その後1ヶ月おきに、子犬で計2~3回、子猫で計2回の接種を行います。
あとは最終接種から一年間隔で追加接種を行います。接種スケジュールは当院の指示に従って下さい。

狂犬病予防注射(イヌ)

狂犬病予防注射は生後3ヶ月を過ぎたイヌに対し、法令で義務付けている注射です。

ほとんどのワンちゃんが毎年4~6月に接種を済ませます。
子犬の初回接種の場合はその限りではありませんので、接種時期については当院にご相談下さい。
あとは最終接種から一年感覚で追加接種を行います。接種スケジュールは当院の指示に従って下さい。

フィラリア予防(イヌ)

犬フィラリア症は知らないうちに病気が進行し、最悪の場合死にいたる恐ろしい病気です。

この病気は蚊によって媒介され血液中や心臓に虫が寄生して起こります。
予防の仕方は、蚊によって感染した幼虫が心臓に移行する前に薬で駆除する方法がとられています。
具体的には、可能地磁気に合わせて月に一回内服薬を飲ませます(5月~12月)。
また、フィラリアに感染した犬にいきなり予防薬を投与しますと、ショックを起こす可能性があるため、そのシーズンの投薬前に必ずフィラリアの検査を受けなければいけません。詳細は当院にご相談下さい。

ノミ・マダニ予防

3月から12月頃までの時期には散歩外出時にノミ・マダニをつけてくることがあります。
スポットタイプの駆除剤を定期的に使っていただくことでその被害を防ぐことができます。
また、ノミ・マダニの寄生を見つけたときにもこの薬を使えば、2~3日以内に体についた虫はほぼ完全に駆除することができます。

避妊・去勢手術のすすめ

●子供を産ませる予定がなければ避妊(メス)・去勢(オス)手術を強くお勧めします。

●主な目的は病気の予防です。これらの手術は、メスでは子宮蓄膿症、乳がん、卵巣・子宮の腫瘍を、オスでは前立腺疾患、会陰ヘルニア、肛門周囲の腫瘍や精巣腫瘍を防ぐことができます。
これらの病気は生命に係る場合も多く、予防措置をとっておけば一生涯にわたり、健康管理上の大きなメリットとなるでしょう。

●また、避妊・去勢手術は性に伴うストレスやトラブルを減らすこともできます。

●時期としては、生後6ヶ月頃の実施をお勧めします。メスでは初回の生理・発情が来る前(犬・猫)、オスでは後足をあげての排尿を始める前(犬)の時期です。子犬・子猫の時期の実施となり、心配に思われるかもしれませんが、この時期は体組織の再生が活発なため傷口の治り、術後の回復がとても早く、手術の負担も比較的軽く済みます。
また、メスの乳がんについては、最大限の抑制効果が期待できます。

●手術の時期や、費用等の詳細については当院にご相談下さい。